交通事故の直後から、既に準備が始まってます。


後遺症と後遺障害


  交通事故による傷害治療が終了すると医師より症状固定の診断がなされます。
症状固定とは、これ以上傷害治療を続けても医学的に改善が見込めない状態を指すもので、必ずしも治癒を指すものではありません。また、症状固定になるとそれ以上は保険会社より治療費が支払われないことになります。症状固定については医師と相談しながら慎重に行う必要があります。

  症状固定の後に様々な違和感を訴える交通事故被害者の方はとても多くいます。所謂後遺症です。
後遺症とは病気やけがの主症状が治癒したあとに長く残存する機能障害です。傷害治療を行っても完全に回復しない状態が残り、身体や精神機能の不調な状態を一般的に後遺症と呼んでいます。後遺症であるか後遺障害であるかは一般的に区別していません。また、区別する必要もないと思います。しかし、交通事故の損害賠償においては後遺障害として認められることが必要となります。

  後遺症の症状は首、肩、背中の痛みや頭痛、腕のしびれやだるさ、筋力低下、めまい、耳鳴り、吐き気、目のかすみなど様々です。症状の程度も軽いうちは我慢できても、日常生活や仕事に影響が出る場合もあります。単に後遺症というだけでは救済(損害賠償)は得られないのです。



後遺障害等級認定に向けて

  交通事故の損害賠償として後遺障害が認められるためには、交通事故を原因として身体(神経系)に傷害を受けたこと、傷害治療を行ったが尚且つ当該傷害と相当因果関係のある障害が残存していること、将来において回復が困難と見込まれる精神的又は身体的き損状態が医学的に認められること、労働能力の喪失を伴うものであることが求められますが漠然としていてわかりにくい内容です。
  しかし、この内容を満たしていく必要があります。

@交通事故の発生状況の確認
A受傷内容・程度の確認
B傷害治療の状況・内容・経過の確認
C残存する障害の内容・程度・自覚症状の確認
D残存する障害に関する検査所見の確認
E交通事故、傷害状況、、残存する障害状況に関して因果関
  係が認められること。
F残存する障害状況(特に自覚症状)、検査所見に関して医
  学的整合性が認められること。

 このような内容について、日頃からメモしておくなどの準備をしておくことも必要です。

 損害保険会社が行う示談代行サービスは交通事故の加害者が
利用するサービスです。後悔しない交通事故解決をするためには
適正な後遺障害認定とともに被害者のための示談を行ないましょう。

 電話  048−775−3310 
 ・無料相談を行なっております。
 (初回電話・メール相談は無料です。)

交通事故被害者の視点に立って、被害者請求による後遺障害等級認定手続き・異議申し立てを行います。

  後 遺 症 と 後 遺 障 害

〒362−0035
埼玉県上尾市仲町1-5-27-202
澤畠行政法務事務所
行政書士 澤畠 裕
TEL048−775−3310
FAX048−775−3310

(トップページへ戻ります。)

初回無料メール相談

メール相談
(氏名、住所、電話番号は必ず記載してください。)

ご注意)当サイトの内容は一般的な法律解釈をもとに掲載しているものであり、個別的・具体的ケースにおける
     法の適用に ついてその内容を担保するものではありません。
     従って当サイトの記載内容は自主的責任の上ご利用下さい。


     当サイトに掲載している記事・写真・その他一切について無断転載を禁じます。
     すべての著作権は当サイト開設者に帰属します。.

交通事故後遺障害認定・異議申し立て交通事故処理離婚協議書遺言・相続・成年後見業務報酬一覧お役立ちリンク

行政書士には、法律上の守秘義務があります。安心して、ご相談、ご依頼いただけます。