広   告

リ ン ク

財産管理とは

  依頼者の委任によりその委任された内容の範囲内で財産の保存(財産保護)を
  行い又は財産に関するトラブルを回避することです。

  注意 : 決して依頼者の財産を運用することではありません。
  注意 : 当事務所が依頼者の保証人(連帯保証人)になることはありません。



1.財産管理契約

   財産管理契約は依頼者との任意個別の契約です。依頼者本人の将来の生活
  設計を考えながら財産を管理し、現在の生活をサポートすることができます。
  また、依頼者が理想とする生活を実現するための手助けを行なうことができること
  が特徴です。


 @忙しくて又は法律知識が必要なため財産管理事務について自分で行なうことが
  できない場合。


 A自己決定能力はあるけれども身体が不自由で自分では財産管理事務ができな
  い場合。


 B軽度の知的障害により財産管理事務を行う上でサポートが必要な場合。

   @、A、Bに該当する場合に適してます。



2.任意後見契約

    任意後見契約は『任意後見契約に関する法律』を根拠とした依頼者との個別の
  契約です。財産管理事務を行なうことができる判断能力を有している間に契約する
  ことが必要です。もし認知症などの精神上の障害により判断能力が不十分になって
  しまうとしっかりとした財産管理が行なえずトラブルに巻き込まれてしまう危険があり
  ます。そのような時はあらかじめ契約しておいた「任意後見人」が依頼者本人に
  代わって財産管理事務を依頼者本人のために行なってくれるのです。


   任意後見契約は将来に備えて判断能力のあるうちに依頼者自身の意思を
  契約書に託すことができ自己決定権が尊重されていることが特徴です。


 @)高齢者が認知症の発症など将来に判断能力が低下してしまう危険に備える場合


 A)依頼者本人が現在において軽度の知的・精神上の障害を有する場合で、
   契約締結能力を有している場合。


 B)高齢である依頼者本人が未成年者の親権者である場合に、将来において依頼者
   本人の判断能力が低下してしまう危険に備えると同時に未成年後見人を指定する
   場合。

 C)高齢であるとないとにかかわらず病気を治療する過程においてなどで、判断能力
   が低下してしまうリスクがあるためにあらかじめ備えておく場合。



   @)、A)、B)、C)に該当する場合に適してます。



3.法定後見制度

    法定後見制度は法律に定める要件が生じた場合に家庭裁判所の審判により効力
  が発生する法定制度です。法律に定める要件とは『精神上の障害により事理を弁識
  する能力』が低下した場合が当てはまります。

 
   法定後見制度では財産管理事務を行なうことができる判断能力が低下した度合い
  により3類型が定められておりそれぞれ成年後見人、保佐人、補助人と呼ばれる
  法定後見人により財産管理が図られる制度です。また、従来の制度を改善して戸籍
  への記載をなくしたことにより利用者のプライバシーの保護に配慮した制度になって
  います。


 ア)成年被後見人

   財産管理事務を行なうことができる判断能力を欠く常況にある場合


 イ)被保佐人

   財産管理事務を行なうことができる判断能力が著しく不十分な場合


 ウ)被補助人

   財産管理事務を行なうことができる判断能力が不十分な場合


   ア)、イ)、ウ)のそれぞれについて家庭裁判所の審判を受けることができます。



4.遺言書作成のすすめ


   「これまで財産を自分で管理し又は、財産管理契約、任意後見契約、法定後見
  制度を活用することにより財産トラブルにも巻き込まれずに日常生活を送ることが
  できました。これからは自分自身の老後の保障として財産は有効に使っていきたい
  と思います・・・。」やっと 安心することができました。

   しかし、遺産分割で親族が揉めるというのはよくある話です。最後に死後の財産
  処分でトラブルになってしまったら今までの苦労も報われません。そこで、死後の
  財産処分についても自分自身の意思が尊重されるような財産管理をしてみてはい
  かがでしょうか!


  a) 子供のいない夫婦の場合
  b) 相続人のいない場合
  c) 法定相続人でない者に財産を与えたい場合
  d) 事業を特定の者に承継させたい場合
  e) 内縁の妻がいる場合
  f) 相続人同士が不仲である場合
  g) 事実上離婚の状態にある場合


   a)〜g)に当てはまる場合は死後の財産トラブルを回避する上で是非とも遺言書を
   作成されることをお勧めします。



   当事務所では遺言書の作成から、遺言執行人として相続手続きを行なうことにより
  最後まで依頼者の意思が尊重される財産管理を行ないます。

いつもトラブルは甘い言葉で巧みに近寄ってきます。
特に財産に纏わるトラブルには細心の注意を払う必要があるでしょう。

遺言・相続・成年後見

現在または将来の財産管理に不安なことはありませんか!

 電話  048−775−3310 
 ・無料相談を行なっております。
 (初回電話・メール相談は無料です。)


いつも身近で何でも相談できる!そんな市民生活相談顧問のような人がいればと思いませんか!

〒362−0035
埼玉県上尾市仲町1-5-27-202
澤畠行政法務事務所
行政書士 澤畠 裕
TEL048−775−3310
FAX048−775−3310

一般社団法人コスモス成年後見サポートセンター

一般社団法人コスモス成年後見サポートセンター

【主な対応地域】

埼玉県 : 上尾市、桶川市、伊奈町、さいたま市、蓮田市、白岡市、北本市、鴻巣市、熊谷市、
        川越市、川口市、久喜市、行田市、草加市、所沢市、越谷市などその他の埼玉県

東京都 千葉県 栃木県 群馬県 茨城県

ここに記載のない地域の方もお気軽にお問合せ下さい。

行政書士には、法律上の守秘義務があります。安心して、ご相談、ご依頼いただけます。


ご注意)当サイトの内容は一般的な法律解釈をもとに掲載しているものであり、個別的・具体的ケースにおける
     法の適用に ついてその内容を担保するものではありません。
     従って当サイトの記載内容は自主的責任の上ご利用下さい。


     当サイトに掲載している記事・写真・その他一切について無断転載を禁じます。
     すべての著作権は当サイト開設者に帰属します。.

交通事故後遺障害認定・異議申し立て交通事故処理離婚協議書遺言・相続・成年後見業務報酬一覧お役立ちリンク

(トップページへ戻ります。)

初回無料メール相談

メール相談
(氏名、住所、電話番号は必ず記載してください。)